砥部焼◆くらわんか茶碗(小)■ふうせん花

砥部のくらわんか茶碗
江戸時代、宿場でめし屋が使っていた
高台のどっしりとした安定性に優れたお茶碗をくらわんか茶碗と呼びます
揺れる船の上に渡すために この安定感が重宝したそうで
飯くらわんか〜という掛け声が今に残る名の由来と言われています
高台の大きさに 初めての人ははびっくりするけど
使って納得 持ちやすい!
おまけに 手に熱くなく冷めにくいのが嬉しいところですね

販売価格
購入数
SOLD OUT
  • この商品について問い合わせる
  • この商品を友達に知らせる
  • ※表記サイズは多少の差異があります。
    絵付けや大きさ、色の出方は一点一点異なります。
    手作りならではの、ただひとつの作品としてお楽しみ頂ければと思います。
  • ※お客様のPCモニターによって、画像の色が実物と異なって見える場合がございます。
  • ※商品は店頭でも販売しておりますので、「在庫あり」の商品でも実際には在庫がなくなっている場合がございます。
  • ※店頭と価格が異なる場合がございます。
梅山窯,径約11cm×高約6cm,磁器
梅山窯,径約11cm×高約6cm,磁器
梅山窯,径約11cm×高約6cm,磁器
梅山窯,径約11cm×高約6cm,磁器
前のページに戻る

CAREGORY 分類から探す

MAKER 製造元から探す

GIFT USE

ページの先頭へ